怪しい彼女

Cast&Staff

オ・マルスン/ナ・ムニ

毒舌おばあちゃん オ・マルスン/ナ・ムニ

若くして夫に先立たれ、あらゆる悪事をして一人息子のヒョンチョルを国立大の教授に育てたいじわるばあさん。家の暮らし一つ一つにケチをつけては嫁をいびる日々。そんなある日、家族たちが自分を老人ホームに送り込もうとしている会話を聞いてしまい、ショックを受けるが・・・

1941年11月30日生まれ。映画やドラマ、多数の作品を通じて笑いと感動を与え続ける“国民の母”的存在。1969年のMBCテレビ開局とともにテレビ界に進出。以来、多くの映画やドラマを通じて笑いと感動を与え続ける韓国を代表する女優である。

FILMOGRAFY

映画『ミス・ギャングスター』(2010)/『ハーモニー 心をつなぐ歌』(2009)/『ガールスカウト』(2008)/『大誘拐 クォン・スンブン女史拉致事件』『光州5・18』『あいつの声』(2007)/『熱血男児』(2006)/『ユア・マイ・サンシャイン』『クライング・フィスト』(2005)ほか

ドラマ「ワン家の家族たち」(2013)/「マイ・ラブリー・ブラザーズ」「お母さんが何だって」「蒼のピアニスト」(2012)/「愛を信じます」(2011)/「風吹くよき日」(2010)/「愛しの金枝玉葉」(2008)/「思いっきりハイキック!」(2006)ほか多数

パク氏 /パク・イナン

最後の純情男マルスン一筋のパク氏/パク・イナン

幼い頃、マルスンの家の奉公人として暮らし、'お嬢さん マルスン'に対する長い恋心を育んで来た最後の純情男。今でも寝てもさめてもマルスンの心配で一日を送る。20歳に若返ったマルスンの秘密を知っている唯一の人物。

1945年1月6日生まれ。1967年に演劇からデビューし、その後ドラマ「壬辰の乱」(1970)でテレビデビュー。1989年の「ワンルン一家」で役者として確固たる地位を築く。その後もテレビ中心に活躍しながらも『渇き』『春の日は過ぎゆく』など映画俳優としても活躍中である。本作でも、穏和で暖かいロマンチスト“パクちゃん”役でナ・ムニとシム・ウンギョン、二人の女優と息が合った演技を繰り広げる。

FILMOGRAFY

映画『飛べ、ペンギン』『渇き』(2009)/『春の日は過ぎゆく』(2001)/『SPY リー・チョルジン 北朝鮮から来た男』(1999)/『クワイエット・ファミリー』(1998)ほか

ドラマ「大切に育てた一人の娘」(2013)/「マイ・ラブリー・ブラザーズ」(2012)/「あなただけ」「愛を信じます」(2011)/「怪しい三兄弟」(2009)/「愛しの金枝玉葉」(2008)/「糟糠の妻クラブ」「嫁全盛時代」(2007)/「噂のチル姫」(2006)/「がんばれ!クムスン」(2005)ほか多数

パン・ヒョンチョル/ソン・ドンイル

マルスンの最愛の一人息子 パン・ヒョンチョル/ソン・ドンイル

マルスンが最も愛する一人息子。マルスンがことあるごとに自慢する国立大の教授で、老人問題の専門家だが母と妻エジャの嫁姑問題に苦しむ。倒れた妻のために母を老人ホームに送るという切ない決心をせざるを得ない。

1967年4月27日生まれ。ドラマ「応答せよ1997」(2012)とバラエティ番組「パパ!どこ行くの?」(2013)などで今最も旬な俳優としても注目されているソン・ドンイル。人間味あふれるコミカルな演技で個性的な存在感を見せる彼は本作では妻と母の間で葛藤する家長ヒョンチョルを演じ新しい魅力を見せている。

FILMOGRAFY

映画『ミスターGO!』(2013)/『家門の栄光5 家門の帰還』『風と共に去りぬ!?』『ごますり王』(2012)/『依頼人』『カエル少年失踪殺人事件』(2011)/『ボクとマウミの物』(2010)/『国家代表』(2009)/『カンナさん大成功です!』(2006)ほか

ドラマ「応答せよ1994」「チャン・オクチョン、愛に生きる」「IRIS-アイリス2」(2013)/「チョンウチ」「応答せよ1997」(2012)/「逃亡者 PLAN B」「チュノ~推奴~」(2010)/「ニューハート」(2007)ほか多数

撮影 | キム・ジヨン

『甘い人生』を通じてスタイリッシュなカメラワークの真髄を見せ、第26回青龍映画賞を受賞したキム・ジヨン撮影監督はファン・ドンヒョク監督の前作『トガニ~』に引き続き、再び呼吸を合わせ特有の纎細な視線で俳優と観客たちの間の感性を受け継ぐ。

FILMOGRAFY

『ファイ 悪魔に育てられた少年』(2013)/『トガニ 幼き瞳の告発』(2011)/『恋の罠』(2006)/『甘い人生』(2005)ほか

美術 | チェ・ギョンソン

『朝鮮名探偵トリカブトの秘密』で時代劇を現代的でありながら華麗な色彩で再解釈し、第48回大鐘賞 美術賞を受賞したチェ・ギョンソン美術監督も『トガニ~』に引き続き合流した。 劇中マルスンが20歳の体に戻る'青春写真館'を、まるで昔の映画館に入るようなクラシカルでありながらも暖かい空間として完成させた。

FILMOGRAFY

『ファイ 悪魔に育てられた少年』(2013)/『朝鮮名探偵トリカブトの秘密』『トガニ 幼き瞳の告発』(2011)ほか

音楽 | モグ(MOWG)

『ファイ~』『王になった男』『トガニ~』『悪魔を見た』で青龍映画賞と大鐘賞映画祭など各映画ショーレースで音楽賞を総なめにした韓国映画界を代表する音楽監督のモグは“地域、世代を越えて観客たちが互応することができる曲を作ろうと思った”と言い、劇中でマルスンのストーリーと調和する思い出の名曲たちをモダンに再誕生させた。

FILMOGRAFY

『ファイ 悪魔に育てられた少年』(2013)/『王になった男』(2012)/『トガニ 幼き瞳の告発』(2011)/『悪魔を見た』(2010)ほか

衣装 | チェ・ギョンファ

『サニー 永遠の仲間たち』などで俳優たちの個性とキャラクターを十分にいかした衣装で観客たちの目を捕らえた彼女は、2人1役の二人の女優シム・ウンギョン、ナ・ムニのギャザースカート、 モンペ、ブラウスなど多様なアイテムで 《おばばファッション》を完成させたかと思えば、オードリー・ヘプバーンを羨むドゥリの独創的なスタイリングでキャラクターの魅力をより引き出した。

FILMOGRAFY

『ザ・テロライブ』『モンタージュ』(2013)/『殺人の告白』(2012)/『サニー 永遠の仲間たち』(2011)/『哀しき獣』(2010)/『チェイサー』(2008)ほか